2019年7月号【夏のダメージ対策】

1月 20, 2020

2019年7月号【夏のダメージ対策】

このコラムは2019年7月に書かれました🐝

2019年も折り返し地点を過ぎて、蒸し暑い日本の夏が始まりましたな~。

皆さんの髪を美しく健やかに、というテーマを掲げて日々研究しているシャンプー博士です。

でも近頃はビアガーデンの誘惑に負けて、実験室の外に出てみることも。

晴天はうれしいのですが、まもなく鼻や腕が日に焼けて、赤くなるのです。

近年、日射しが強いんですな~。

肌が焼けるほどの日射しは、実は髪にも2つのダメージを与えます。

それではさっそく、7月のテーマは「夏のダメージ対策」なんですな~。

 

梅雨があけると楽しい夏ですが、髪にはちょっと過酷なんですな~

晴れた日に、強い日射しを浴びて一日中外で過ごして髪がパサパサしていたら・・・

2つのダメージを受けているかもしれないんですな~

夏のダメージ1 日射しの熱が、髪の水分を奪う

晴れた日は洗濯物はよく乾いていいものですが、髪も「渇いた状態」になりやすいのです。

夏のダメージ2 紫外線が、髪の成分(たんぱく質)を変質させ、表面が荒れる

紫外線により、髪表面の「キューティクル」が開き、ささくれた状態に。

ダメージを防ぐ日中の対策は主に2つですな~。

 

「帽子・日傘などで日射しをブロックする」

「アウトバストリートメントで保護する」

帽子などが使えない場合、髪をまとめて「傷みやすい毛先」が日光に当たりにくいようにすると良いでしょう。

髪用の紫外線防止スプレーを使う場合も、まとめ髪にすると少ない量で済むんですな~。

また、海やプールへのお出かけ時には洗い流さないタイプの「アウトバストリートメント」をバッグにin。

つけるだけで、日射しのダメージや塩素・塩分の多い水から髪を保護します。

海やプールから上がった後は、ひとまず水でよく洗い流せば、あわててシャンプーする必要はないんですな~。

そのあとは、持ってきたアウトバストリートメントをつけてインスタントケアを。

家に帰ったら、ていねいにシャンプー&トリートメントをして、じっくり髪をいたわることをおすすめするんですな~。

それでは、次回のコラムもお楽しみに。



さて、ここでクイズなんですな~

「夏は、頭頂部の分け目が日に焼けやすいから、頭頂部の地肌にもトリートメントをつけると良い」

〇か×か、答えは次回なんですな~